社員の働き方1

 

社員のはたらき方

飲食事業部 部長 青木さん

接客への情熱を持つ仲間に、責任ある仕事を任せたい

■スタッフ間の信頼関係がサービスの質を向上させる

  現在私は飲食事業部の部長として、店舗で接客と調理を担当しながら、メトログループの飲食店全店の管理を行っています。業務の内容は様々。売上や経費といった会計面の管理はもちろんのこと、各店舗のスタッフがきちんとコミュニケーションを取れているかどうかも把握するよう努めています。

 サービス業はスタッフ間の信頼関係なくしては成り立ちません。店長の判断や決定に仲間が賛同してくれるかどうか、賛同をされるような良い関係性が普段から構築できているかどうかがとても大切です。そのような点をもっとも注意深く見るようにしていますね。お客様の立場に立って考え、常に最適な選択を迅速に実行できるようスタッフ同士の関係性に心を配ることで、良い組織づくりに尽力しています。


■なによりも大切なのは、接客への情熱

  メトログループで活躍するのは、接客に対して情熱を持っている人だと思います。お客様のことをどれだけ考えて行動をすることができるかどうか。スキルは後からいくらでも身につけることができますが、そもそもの心構えや想いの部分がずれていては良い仕事はできません。お客様の喜びが自分の喜びだと思えるかどうかが、その後の成長を左右するのではないでしょうか。

 そのような心構えを持ったスタッフが成長しているのを見ると、とても嬉しく思いますね。お客様のことを考え行動し、最後にはお客様から感謝をされる。そのような循環がお店と人を成長させるのだと思います。
 当社は比較的早い段階から責任あるポジションにつかせたり、経営の実践を積んだりすることのできる会社です。お客様を想い、大きな成長を目指している方とともに会社を発展させていきたいですね。

ページトップへ